カフェアルバイトはコーヒー好きの方が良い?

カフェのアルバイトを希望している方の中には、「実は、コーヒーはあまり得意ではない」という方もいると思います。カフェ好きの方の中には、コーヒーが好きではなく、カフェの雰囲気が好きという方も多いですよね。

 

では、こういったコーヒーが苦手な方の場合には、カフェアルバイトの採用に関係してくるのか、ご紹介しましょう。
カフェで働いているスタッフは、確かにコーヒー好きというイメージを持っている方も多いと思います。

 

しかし、実際に働いている方の中には、「コーヒーは、ほとんど飲まない」という方も少なくありません。特に、20代の方の場合には、コーヒーが苦手な方も、面接時に正直に「コーヒーは、得意ではありませんが、この店の雰囲気が好きです」と伝えてもそれほど問題はないでしょう。

 

コーヒーが苦手な方でも、お店の雰囲気に合っていれば、問題なく採用されるでしょう。しかし、30代を越えている方の場合には、コーヒーが好き、そのチェーン店が好きという思いを伝えなければ、採用は難しいといえるでしょう。

 

カフェでのアルバイトは、一般的には若い方の応募の方が多くなりますから、若い方と差をつけるためには、そういった理由は大切となってくるでしょう。

 

このように、カフェアルバイトをする際には、コーヒーが好きかどうかは、それほど問題とはなってきませんが、面接の際には年代によって、アピール部分が異なってくるため、30代以降の方の場合には、コーヒーが好きということは大きなポイントとなってくるでしょう。